ローンが使えなくても大丈夫!?ファクタリングの人気の理由


ローンではない事業資金調達方法

事業資金の調達方法のひとつであるファクタリングは、取引先の売掛金を譲渡することで資金調達を受けるサービスです。ファクタリングの特徴はローンには該当しないことで、調達した資金は返済する必要性がありません。売掛金を売却して得た資金になりますので、個人信用情報機関に登録されないのも特徴です。つまり他社のローンやクレジットカードの支払いを延滞していたり、5年未満に債務整理をしたりしている人でも利用できます。それゆえ資金調達に行き詰ったとき、不安定なキャッシュフローを安定させたいとき、などに役立つわけです。資金調達までの日数は数日程度が一般的ですが、最短のファクタリング会社だと即日で調達してくれる場合があります。信頼できるファクタリング会社を選ぶポイントは、運営年数が長いこと、面談審査を導入していること、多くの取引実績があることです。

二社間と三社間のサービスの違い

ファクタリングは事業資金の借入ができない人に最適なサービスですが、注意点がいくつかあります。利用には手数料が発生し、ファクタリング会社やサービスの形態などの違いによって売掛金の1~30%程度の利率になるのです。二社間ファクタリングは売掛先に内緒にして事業資金を調達できる反面、手数料は高めに設定されています。三社間のサービスは売掛先も含めて面談しますが、手数料は低いのでより多くの資金調達が可能です。二社間と三社間のサービスは、プライバシーと手数料のどちらを重視するかによって決めていきます。

ファクタリングとは未回収の売掛金や債権などを仲介業者に売って、即日現金化する新しい資金調達方法です。