決済代行を選ぶときはここに注目!ポイントを紹介


使いやすさと効率をチェック

決済代行サービスを選ぶときには使いやすさが重要となります。使いにくい決済代行サービスでは効率が低くなってしまいます。そこでまずチェックしておくべきなのが1つの管理ツールで全ての決済を管理できるかどうかということです。中には決済方法によって違うシステムにログインしなければならないサービスもあります。管理ツール内でそれらを一元管理できるサービスを選んでおくと、効率的に管理できるようになります。それゆえに一括処理、ファイル処理、自動検知などの機能を持つ決済代行サービスを選ぶことが重要といえるでしょう。中でも入金照合や消込を行わなくて良くなる自動検知機能は非常に便利です。

一部の費用が無料になる決済代行サービス

決済代行サービスの中には初期費用や月額基本料が無料となっているものもあります。初期費用と月額基本料が無料の場合、実質的な手数料だけがコストとなります。月々の売上に応じた金額だけの負担となるので、なかなか利用者が増えない頃に利用するにはうってつけです。ただし、初期費用と月額基本料が無料の代行サービスは1回あたりの手数料が高めに設定されていることがあります。商売が軌道に乗ってきてお客さんが増えると、手数料の支払いがかなり増えてしまうので注意が必要です。一方で初期費用や月額基本料が有料の決済代行サービスの場合は、1回あたりの手数料が少なめに設定されていることが多く、たくさんのお客さんが利用したとしてもそれほどコストは大きくなりません。

決済代行とはクレジットカード会社とカード決済を導入したい店舗を仲介して、決済システムを代行するサービスのことです。